リ協とは

会長挨拶

会長挨拶

NPOリニューアル技術開発協会は、マンションのリニューアルを中心とした関連業務に携わる企業、個人が集まり、安全で快適な住まいを確保していくために必要なことを研究、精査し、その情報を提供していくことを目的として活動しております。
講習会や講演会で具体的に私たちの成果を発信していくことは、NPO法人としての責任であることはもちろんですが、同時に各自の関連業務の実務の中で、正しい目的を認識し、それをエンドユーザーに提供することで具現化していかなくてはなりません。衣・食・住のうちの「住」という大きなテーマについて、正しい目的とは、リニューアルという観点で建築を捉えれば、建物の状態を正しく判断し、適切な処置を施すことで安全性、快適性を回復し、愛着を持って永く住み続けられるものを提供することにあります。
新しい住まいに住むという喜びが日本の高度成長とともに、いくつかある人生の目的の内の一つであった時代から、経済状況、地球環境などが大きく変化したことにより、建物を大切に使い続けて継承していくことの大切さに私たち日本人の多くが気付き始めたと言って良いと思います。その現実に対して、新築中心に成長してきた建設業界は、意識、技術、制度など多くの面でニーズに対応しきれていないのが現状です。
新築時において、スクラップアンドビルドを前提とするか、リニューアルを繰り返しながら維持保全していくのか、すでにここで設計内容や使用材料の選定が変わるはずです。そしてさらにユーザーに引き継がれた後にも、その住まいの維持保全に対して建設業界が責任をもって、適切な対応ができる姿を整えることが、今最も求められていることだと痛感しています。新築工事が減少したから、リニューアル工事に取り組むのではなく、日本の「住」にとってリニューアルしながら使っていくということが必要であることを認識し、多くの方々に伝え、活発な活動をしていきたいと考えています。

平成22年12月
NPO法人リニューアル技術開発協会 会長 望月 重美