修繕工事

調査診断(目視・打診・触診)

重点3項目に層別した調査をおこないます。

1.危険箇所の発見

2.建物の長寿命化に係わる劣化の発見

3.美観上の問題の発見

アンケート調査

アンケート調査をおこない、キーワードを立面配置におとしこみ、傾向を確認します。

修繕設計に向けて劣化状況の正確な判断をおこないます。

全体目視調査、写真撮影

必要に応じて破壊試験をおこない、状態の把握をおこないます。

仕上材付着力試験

コンクリート中性化試験

長寿命化へ向けて、中性化の進行状況を検査します。

鉄筋の被り厚さ計測

鉄筋の被り厚さを計測し、中性化の影響を判断します。

シーリング抜取試験

抜取をおこない、劣化状況を試験し、目視状態とあわせて判定します。

その他

屋上、ベランダ、ルーフバルコニー、機械室などの立入り調査により、修繕設計に向けた詳細な調査をおこないます。

改修(修繕・改修)設計

調査結果・アンケート結果・データを判断し、設計をおこないます。

数量積算

図面および現地調査から、数量を確定し、設計単価による設計予算書を作成します。

長期修繕計画書作成

設計予算書から、長期的視野での工事金額の確認と、予算(修繕積立金額)との対比をおこないます。

・修繕周期の検討
・設備関連修繕工法の検討
・修繕積立金適正額の検討
・その他長期的維持管理の検討